宮崎の探偵事務所、ヒューマンリサーチ株式会社のブログ

ヒューマンリサーチ株式会社

宮崎市の探偵事件簿

2013年8月27日 火曜日



宮崎空港から羽田空港まで旅行に旅立つ不倫カップル

男性は妻に出張で3日間帰ってこれないとの事

随分とおしゃれな出張である・・・

地元から誰も知り合いがいない遠方に行く不倫カップルは普段は見られない大胆な行動にでるのです

担当調査員・宮崎の探偵K

宮崎の探偵はヒューマンリサーチへ



探偵業法・宮崎の探偵

2013年8月18日 日曜日

平成19年6月1日より探偵業務に関する法律が施行されました。

探偵業務を行うにあたって必ず公安委員会に届けをしなければいけなくなりました。

下記は警視庁のホームページから抜粋した探偵業法の概要です。

背景

探偵者、興信所等の調査業については、


  • 調査依頼者との間における契約内容等をめぐるトラブルの増加
  • 違法な手段による調査、調査対象者等の秘密を利用した恐喝等、従業者による犯罪の発生

等の悪質な業者による不適正な営業活動が後を絶ちませんでした。

それまで、日本には、調査業を規制する法律はありませんでしたが、このような状況にかんがみ立法化が検討された結果、調査業のうち探偵業について、平成18年6月「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下「探偵業法」といいます。」)が制定され、平成19年6月に施行されました。


探偵業法の目的

探偵業法は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的としています。


定義と欠格事由

○ 定義

「探偵業務」とは、


  1. 他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として
  2. 面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い
  3. その調査の結果を当該依頼者に報告する

業務をいいます。

この探偵業務を行う営業を「探偵業」といいますが、専ら放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものは除かれます。

 

○ 欠格事由

次のいずれかに該当する場合は、探偵業を営むことができません。


  1. 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  2. 禁錮以上の刑に処せられ、又は探偵業法の規定に違反して罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者
  3. 最近5年間に営業停止命令・営業廃止命令に違反した者
  4. 暴力団員又は暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
  5. 営業に関し成年者と同一の能力を有しない未成年者でその法定代理人が 1 から 4及び6のいずれかに該当するもの
  6. 法人でその役員のうちに 1 から 4 までのいずれかに該当する者があるもの

届出制の導入

探偵業を営もうとする者は、営業を開始しようとする日の前日までに、営業所ごとに営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(所轄警察署経由)に、営業の届出をしなければなりません。

それぞれの届出書の添付書類は、探偵業の業務の適正化に関する法律施行規則において定められています。


探偵業務の実施の原則

  • 探偵業者等は、探偵業務を行うに当たっては、他の法令で禁止・制限されている行為を行うことができることとなるものではありません。
  • また、人の生活の平穏を害する等個人の権利利益を侵害することがないようにしなければなりません。

契約時における探偵業者の義務

探偵業務に係る契約の適正化を図るため、依頼者側の問題に関する義務と探偵業者側の問題に関する義務が定められています。


○ 書面の交付を受ける義務

探偵業者は、依頼者と探偵業務を行う契約を締結しようとするときは、依頼者から、調査結果を犯罪行為、違法な差別的取扱いその他違法な行為のために用いない旨を示す書面の交付を受けなければなりません。

 

○ 重要事項の説明義務等

探偵業者は、契約を締結しようとするときは、あらかじめ、依頼者に対し、契約の重要事項について書面を交付して説明しなければなりません。

探偵業者は、契約を締結したときは、依頼者に対し、契約の内容を明らかにする書面を交付しなければなりません。


探偵業務の実施に関する規制

  • 探偵業者は、調査結果が犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはなりません。
  • 探偵業者は、探偵業務を探偵業者以外の者に委託してはなりません。

秘密の保持

探偵業者の業務に従事する者は、業務上知り得た人の秘密を漏らしてはなりません。

探偵業者は、探偵業務に関して作成・取得した資料の不正・正当な利用の防止措置をとらなければなりません。


探偵業者の従業者に対する教育

探偵業者は、その従業者に対し、探偵業務の適正な実施のために必要な教育を行わなければなりません。


名簿の備付け等

  • 探偵業者は、営業所ごとに、従業者名簿を備えて、氏名、採用年月日、従事させる探偵業務の内容等を記載しなければなりません。
  • 探偵業者は、探偵業届出証明書を営業所の見やすい場所に掲示しなければなりません。

監督

都道府県公安委員会は、探偵業者に対し、報告の徴収、立入検査、指示、営業停止命令、営業廃止命令等を行うことができます。

宮崎の探偵K

宮崎の探偵はヒューマンリサーチへ



調査の依頼内容

2013年8月11日 日曜日

調査にも様々な調査内容があります

今回当社で調査内容の統計をとったところ下記の通りになりました

2012年度調べ

浮気調査・・・71%

所在・人探し調査・・・6%

素行調査・・・12%

盗聴発見調査・・・4%

結婚調査・・・4%

その他・・・3%

上記結果であるように圧倒的に浮気調査多かったようです

浮気調査でもお客様の目的が様々です

離婚を目的(裁判などでの証拠収集)のため・・・

浮気相手を知りたい・・・

浮気をやめさせたい・・・

白か黒かハッキリさせたい・・・

このように目的の違いがありますので調査方法もかわってきます

そのお客様にあった調査方法をいかに低料金で合理的に提供できるかでその会社の質がわかると思われます

私達も費用を安く押さえれるものは出来るだけ安くし、お客様に納得、感謝していただけるよう常に心がけています

投稿者・宮崎の探偵H

宮崎の浮気調査、探偵はヒューマンリサーチへ

 

 

 

 



探偵、浮気調査料の相場

2013年8月3日 土曜日

調査を依頼するのはどなたでも初めてだと思います。

やはりみなさん心配されるのが料金です。

調査を行うにあたって定まった料金も決まっていないのが現状です。

よって、業者によって高いところもあれば安いとこもあります。

しかしながら料金と技術が比例しているかというとそうではありません。

高くても技術がないところもあれば安価なのに技術が優れているところもあります。

下記は東京調査業協会がアンケートと実施した結果ですので参考にしてください。


 
行動調査(素行や浮気の調査)の料金について「2005年3月末」都内の業者にアンケートが行われました。
このページはその調査結果を分析し要約したものです。是非参考にして下さい。
料金の目安が知りたいあなたに!!
≪調査料金って、いったい何?≫
調査を行うには費用がかかります。通常、探偵や興信所の調査費用は基本的には次のような内容で構成されています。
調査の費用 成功報酬金 結果の程度に応じて支払われる成功時の報酬金
調査料金 着手金
人件費(タイムチャージ・日当・出張手当)
深夜早朝割り増し・危険手当
経費(実費) 交通費・宿泊費・車両費・燃料費・高速代・通信費・器材費・
印刷費・対象店出入り費用・フィルム費・
その他情報入手にかかる費用など
手数料 報告書作成費など
<その他の事務所や会社を維持する為の主な費用>
①家賃(駐車場) ②人件費(給与) ③光熱費 ④広告費 ⑤通信費 ⑥車輌維持費 ⑦保険料 ⑧税金
≪行動調査(素行や浮気の調査)料金の平均像(適正料金アンケート結果より)≫
調査員2名の場合だと、1時間当り1.5万円~2.0万円前後という調査結果が出ています。
<調査料金のアンケート分析の報告>
調査業に限らず、どのような業種でも熟練した専門職の人件費は、どのぐらい必要でしょうか?
特に調査という職種は、特殊な技能と集中力・責任感がないと出来るような職種ではありません。
責任感ある技能に優れた人材を確保し調査活動を行うには、それなりの費用が必要という結果になっています。
●時間あたりの調査料金
調査員2名の場合
2.0万円以上~2.5万円未満 36%
1.5万円以上~2.0万円未満 28%
1.0万円以上~1.5万円未満 24% (諸経費別)
●車両費(調査用車輌・バイク)に関して
1日1台あたり費用
無料 36%
1.0万円以上~1.5万円未満 24%
1.5万円以上~2.0万円未満 16%
車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金
2.0万円以上~2.5万円未満 50%
1.5万円以上~2.0万円未満 13%
(諸経費別)
調査料金が時間当たり2万円を越えていると車両費は頂かないが、1.5万円前後から2万円未満だと車両費として1日1台について1万円から1.5万円程度までの費用を頂いているケースが多いといという結果になっています。