宮崎の探偵事務所、ヒューマンリサーチ株式会社のブログ

ヒューマンリサーチ株式会社

苦戦した身元確認

2015年5月27日 水曜日

浮気(不貞行為)の証拠には、原則として「何時、何処で誰と何をしたのか」が必要となってきます。

依頼内容は別居中の夫に女性の影があるとの事でした。

今回は依頼者が離婚を考えており、浮気相手にも慰謝料請求が目的であります。

調査を重ねると夫の家に女性と同棲生活を行っている事実が判明し、当然証拠も複数回取得できました。

問題はここからです。

上記にもあるように「誰と」を特定させなければいけません。

 

しかも今回は依頼者が浮気相手にも慰謝料請求を希望してますのでなおさら相手女性の特定は必須なのです。

しかし、幾度と調査をするも女性は自宅や実家に帰る様子はありません。

車でも所有していればナンバーから割り出しが可能なのですが、車の所有もありません。

通常であれば勤務先を特定し、会社から身元を判明させる事も多いのですが、この女性が勤めている会社はネットに上がっていないほど小規模の会社に加え、会社には出勤せず派遣先や外回りが主となっています。

私達は女性にぴったりつき、チャンスを窺いました。

ある日接触のチャンスが訪れました。

調査員はすかさず女性に接触を行い、見事に名刺をもらうことに成功しました。

その後、名前が分かったことで、実家も特定でき、無事に調査が終了しました。

ブログ担当・宮崎の探偵K

宮崎の浮気調査はヒューマンリサーチへ