宮崎支店の浮気調査事例(婿の調査)

依頼人 70代夫婦 宮崎市在住

相談内容

娘婿の調査をお願いします。

娘から離婚するかもしれないと相談がありました。

理由を聞くと婿から暴力を振るわれたとの事です。

私達は弁護士に相談に行ったのですが、一回きりの軽い暴力では慰謝料請求、離婚すら難しいと言われました。

よく娘に話しを聞くと、暴力以外にも問題が浮上したのです。

婿はここ最近帰りが遅く休みの日も外出しては深夜の帰宅を繰り返していたらしく、その事が原因で喧嘩もしたそうです。

娘は暴力を振るわれた事で離婚をしたいと思っているのですが、私達的には婿の浮気がこのようになった本当の要因と思うのです。

どうか娘と孫の為によろしくお願いします。

調査方法
今回、依頼者夫婦(両親)、娘様も離婚の意向に一致している為、とにかく法的に通用する複数回の不貞行為の証拠収集が目的である。

娘様から詳細を聞けば対象者の帰りが遅いのは毎日ではなく、休日も毎週外出している訳ではない。

常時調査を行なっても接触なしの日が生じ、無駄な張込みによって無駄な料金が発生する。

よって、特殊機器を駆使し、対象者の動きに合わせ、調査を入れる。

上記方法により無駄な張込みがカット出来、重要な時に調査を入れる事で依頼者様のお金を有意義に使う事が可能となる。


調査結果
依頼者様の推測通り婿の浮気の事実が判明。

婿は同じ会社の同僚である独身女性(バツイチ子持ち)と会社帰りや休日に密会を繰り返していた。

婿は会社帰りに浮気相手の団地に行ったり、休日には浮気相手の子供(3歳)と県外の観光地に小旅行をするなど、仲睦まじい様子であった。

事実を知った娘様は離婚の意向がより一層強くなり依頼者を含め協議を行ったが、対象者(婿)は頑固として浮気を否認。

やむを得なず、証拠を提出すると、浮気を認め離婚に同意した。

慰謝料、親権、養育費を取り決め、離婚協議書を公正証書にして完結となった。

また、浮気相手への慰謝料請求は現在も協議中で合意が取れない場合は訴訟の意向。

 

調査期間 45日

証拠内容(写真411枚)

浮気相手宅団地への出入り8回

食事3回

買い物2回

県外への観光旅行1回

浮気相手の身元、勤務先特定

簡易コース(40時間)

総額35万円(消費税込)

宮崎の探偵業務はヒューマンリサーチへお任せ下さい。

宮崎の探偵N