浮気調査の必要性

宮崎は全国に比べ離婚率が高い県であります。
そこで浮気調査を行い証拠の必要性について記させて頂きます。
浮気調査を行う目的で一番多いのは「離婚による慰謝料請求の為」です。
離婚の慰謝料は精神的苦痛の損害賠償請求にあたりますので、不貞行為が認定されれば、慰謝料が請求出来ます。
ここで注意しなければいけないのは、体の関係があったか無かったかです。
体の関係があれば不貞行為ですが、無い場合はただの浮気になります。
それでは体の関係がない浮気の場合は慰謝料が請求出来ないのか?
答えは「出来ます」
しかし、一度や二度の密会やデートの証拠があっても慰謝料は請求出来ません。
ここで重要なのは日常的に繰り返される重度の浮気です。
密会の頻度も多く、だれが見ても「これは酷い」と言わせるような内容になります。
これは婚姻が継続し難い重大な事由に該当しますので慰謝料も望めます。
然しながら、不貞行為と違い、高額な慰謝料は望めません。
又、不貞行為についても、重度であれば慰謝料も高額になりますので、複数回の証拠を収集します。

次に多いのは「浮気相手に慰謝料を請求したい」
配偶者と同様に精神的苦痛の代償、家庭を壊す原因を作った代償となります。
ただ、風俗嬢など仕事として利用した相手であれば慰謝料は望めません。
よくあるのが「相手が既婚者と知らなかった」などの理由で請求逃れをする浮気相手です。
以前は、この理由で逃れていた方も多かったとは思われますが、最近はこのようにして逃れられないように「交際中の相手にも関わらず、少し調べればわかる」といった様に厳しくなっていますので、知り得れない状況だった証拠が無い限り請求逃れは出来ません。
次に多いのは「離婚の為」です。
離婚を行うにあたり、お互いの同意がなければ離婚は成立しません。
不貞行為の証拠があれば、離婚は成立します。
慰謝料と同様で体の関係が無い浮気の場合は、重度の浮気としてであれば婚姻が継続し難い重大な事由として離婚が成立する可能性があります。
次に多いのは「親権取得の為」です。
不貞行為は親権に直接的に関係はありませんが、子供をほったらかしで浮気をしている状況など、子供の福祉に悪影響と見られれば浮気も親権取得に大いに効力を果たします。
以上の浮気調査の必要性ですが、目的にあった調査になりますので、それぞれ必要な証拠が違ってきます。
という事は調査方法も異なります。
先ずはご相談頂き、調査の必要性を明確にしてご依頼頂ければと思います。
宮崎の探偵会社を一括サーチ可能なサイト、株式会社アシロ運営する「探偵サーチ」に当社が紹介されました。
記事担当・宮崎の探偵H